Chillスノーボードプログラム2020/21 ~聖フランシスコ子供寮の生徒を迎えて~

今季第3回目、又今季最後となるCHILL スノーボードイベントを3月20日群馬県東急玉原スキーパークで開催しました。今年度の活動はコロナ禍での開催と言う事もあり、すべて日帰りのプログラムでした。

渋滞や、日帰りプログラムということで時間の制限があり、終わりが近づくと皆「もっと滑りたい!」と言ってくれていました。

子供たちにはExcellent Snowboarderになった事を証明する終了書とBurtonからのバックパックとお菓子をプレゼント。
皆喜んでいる様子でしたが、やはりもう少しライディングを楽しみたいというのが
顔にも出ており、これからの課題でもあります。

そして、今回からCHILLへ協賛していただくJRE(Japan Renewable Energy Corp.)執行役員である土居さんからも一言を頂きました。
JRECorp.にはこれからもCHILLの活動をサポートして頂く事になります。
CHILLにとってとても心強いサポーターです。

また、東急玉原スキーパークは今回初めてCHILLで使わせて頂くスキー場でした。
玉原スキーパーク山口支配人に非常にサポートをして頂けました。

1都3県に緊急事態宣言が発令されている中での開催であったため、今年のCHILLイベント3回ともボランティアにはコロナ抗原検査キットを配布し、陰性を確認したうえで参加して貰いました。今回のイベントのみ、より安全に行うため参加生徒全員にも検査キットを配布し陰性を確認したうえでの参加を求めました。異論はいろいろあると思いますが、キッズファーストを思い、リスクを最小限におさえながら引き続き実施していきます。

皆様ご協力ありがとうございました。

Leave a Reply