CHILL

CHILLスノーボードイベント参加申込書
2018/02/11

Chillスノーボードプログラム2017/18 ~CHILL修了生OB・OGを迎えて~

今シーズン第4回目のCHILLプログラムが開催されました。今回は初の試みで、今までCHILLの東北プログラムに参加したことのある岩手県、宮城県、福島県から中高生27名が参加。小学生だった子供たちの成長ぶりに感動し、涙を流すボランティアも。みんな担当インストラクター(ボランティア)の顔は忘れていないようで、数年ぶりの再会に思い出話に華が咲きました。

前回のCHILL以来スノーボードを出来ていない子供たち、CHILLがきっかけでスノーボードを始め続けている子供たちとレベルはさまざまですが、みんな思い思いにスノーボードを楽しんでいました。1日目の夜は、恒例のスラックライン大会が開催されました。スラックラインが好きで来てくれた生徒は、なんとCHILLイベントでのスラックラインレコード新記録を更新しました。またスラックラインの後は、初めて中高生の生徒とボランティアを交えての懇親会を開催。リラックスした雰囲気の中、修了生たちの近状報告、CHILLに対しての思い、お互いの交流を深める大変貴重な時間になりました。

2日目もピーカンの最高の天気でスタート。生徒たちは学年や出身地にとらわれず、"スノーボード"を通して意気投合し、切磋琢磨し合い、昨日よりもさらに上達・成長していきました。この2日間の成長を今後の自信に繋げ、4月から新学年に進級する生徒たちが、新しい環境でも挑戦し努力し続け、楽しい学校生活になることを願います。

また、このスペシャルプログラムで繋がった仲間が、またいつかスノーボードを通して集まることができたら嬉しい限りです。ご協力、ご支援いただきましたボランティア、マウンドジーンズスキー場関係者のみなさま、本当にありがとうございました。